HOME > 治療メニュー > 小児歯科

小さなお子さんのいる方へ

小さなお子さんのいる方へ

小児歯科の重要性

小児歯科の重要性
将来に渡ってお子さんが健康的な歯で生活をしていくためには、できるだけ早めに予防や治療を始めることが重要です。
幼少期は、歯が生え始めたり永久歯に生え替わったりと、成長段階に合わせたケアが必要になってきます。

定期健診を受けていればその都度適切なアドバイスをさせて頂くことができますので、手遅れになる可能性が随分と減ります
院内でのケアだけでなくご家庭での歯磨きや食生活についても指導させて頂いておりますので、何でもお気軽にご相談ください。
当院の院長・副院長自身が子育て中ということもありますので、お母さん・お父さんとしての同じ目線も共有しながら診療を進めさせて頂いております。

お子さんを怖がらせない治療

お子さんを怖がらせない治療
お子さんの治療の進め方に関しては、お母さん・お父さんとご相談しながら進めていきますが、当院では基本的には無理やり押さえつけて治療をすることは避けるようにしています

また、治療中に観ることのできるDVDや治療後のガチャガチャを用意しており、お子さんにとって歯医者さんは怖いところではないと思ってもらえるように心がけています。

小児予防歯科

定期検診
やはり、最も重要なのは定期的な検診を受けて、常に早めの対処をできるようにしておくことです。
定期検診に通っていれば、歯医者さんに行くこと自体に慣れて、いざ治療を行う時にもスムーズに進められる可能性が高くなります
フッ素塗布
定期検診時には、歯磨き指導やクリーニングの他、ご希望の方には歯を丈夫にする作用があると言われているフッ素を塗布します。
シーラント
あらかじめ、虫歯になりやすい乳歯の奥歯にある溝を埋めてしまうことで、虫歯発症率を下げることができます。
ご希望の方はお気軽にご希望ください。

妊婦のための口腔ケア

妊婦のための口腔ケア
妊娠中は、ホルモンの影響で歯肉炎が起きやすい状態になる一方で、赤ちゃんへの影響を気にして歯科治療やお薬を敬遠する方もいらっしゃいます
また出産後は赤ちゃんのことで忙しくなるため、落ち着いてお母さん自身の治療をするのは半年くらい先になることが多いようです。
そのため、できれば妊娠する可能性のある方は、あらかじめお口の中のケアをしておき、万全の状態で出産できるようにしておくことをお勧めします。

また、妊娠してからでも安定期であれば問題なく治療を受けて頂くことができますので、早めにご相談にいらして頂ければと思います。
もちろん、強い痛みを伴うような処置は避けますのでご安心ください。

新着情報

一覧を見る

7/6(水)・7/12(火)・7/13(水)・7/14(木)・7/18(月)・7/20(水)・7/27(水)
となります。

7/12(火)・7/14(木)は臨時休診とさせていただきます。

矯正診療日・無料相談は
7/10(日)
となります。
ご予約が必要となりますのでご希望の方は事前にご連絡くださりますよう
お願いいたします。

アクセス



〒142-0063
東京都品川区荏原4-4-11-106

お問い合わせ 詳しくはこちら
ご利用可能クレジットカード